安くて美味しい立ち飲み『鞠屋まりや』の常連客によるブログです。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大船立ち飲み鞠屋物語(2)

2012 - 12/08 [Sat] - 15:51

  店名のいわれ


 「鞠屋」の命名の由来に興味をいだいたわたしは、ある日、ママ(常連客はみな女将をママと呼んでいたので、以後
この名称を使うこととする)にどうしてこの店名にしたのか聞いてみた。
 すべてのお客さまにこころからの誠意をささげるイメージの象徴としてマリヤを思い浮かべたが、そのままではあまりにスト
レートすぎるので日本調に転調したのだそうである。
 「あたし この名前が気に入っているんです」
 物知りのお客さまからこんな話をされたことがあり、いっそう好きになりました。九州長崎地方では、隠れキリシタンたちは幕
府の目をそらすためマリヤさまのことを観音様と呼び、イエスさまを大日如輪と呼び習わしていたそうだが、ここ大船は有名な観
音像があるので、そのイメージと同調して二重にママのこころざしを表しているように思える・・・。
 またあるお客さまは、次のような話をしてくださった。アメリカの作家ホーソンの「大きな石の顔」という作品がある。、アメリ
カの田舎町の崖に石の顔が彫られてあり、いつかその顔の救世主が住民たちがこころをつくして働いたならば彼らを救いにくるとい
う言い伝えがあった。ある信心ぶかい農夫がその人を待ち望みながら一心に働いて、やがて年老いて「ああ、その人はついに来なか
った」と落胆したとき、ふと見るとその農夫自身の顔こそ、あの石の顔に生き写しであった・・・。ママもいつかその農夫のように
なれたらいいね。
 「だから あたしそうした話に背中を押されるようにしてお客さま第一をこころがけているんです」
 以下にいくつかの鞠屋に関する挿話を紹介しよう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ofunamariya.blog.fc2.com/tb.php/2-9ae97ced

 | HOME | 

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

ブックマーク

プロフィール

大船鞠屋

大船駅東口から徒歩4分、仲通り商店街なかほど、鈴木水産先の路地を左に入ると掲載写真の看板が見える。安くて美味しく、立ち飲みならではの和気あいあいと「ほっと ひといき」できる店です。

お品書き

おおふなまりや大船鞠屋目印【飲み物】
びんビール(大)400円
びんビール(中)350円
生ビール(中)350円
生ビール(小)290円
黒ビール(小)290円
宮正宗290円
高清水(辛口)270円
八海山(本醸造)370円
獺祭(大吟醸)400円
ホッピーセット280円
ホッピー120円 中160円
ウーロンわり230円
ハイサワー230円
焼酎(ロック・水わり)
200円
焼酎久米仙・泡盛280円
焼酎千亀女・芋290円
焼酎いいちこ・麦240円
焼酎玄庵・そば240円
抹茶わり250円
生レモンわり240円
生レモンサワー270円
生グレープサワー280円
トマトわり220円
かぼすわり220円
梅酒サワー280円
梅酒ロック250円
赤ワイン250円
ワインサワー200円
ウイスキーS170円
角ハイボール200円

【蕎麦・うどん】
そば・うどん(温)280円
そば・うどん(冷)300円
トッピングかきあげ100円

【一般】
もつ煮とうふ250円
牛すじうま煮250円
くじらベーコン300円
トマト200円
だし巻玉子200円
いわし丸干200円
あつあげ180円
しおから(減塩)180円
いたわさ150円
チーズクラッカー120円
やっこ(冷・温)100円
しらすおろし100円
ロースハム焼180円
さば缶みそバター190円
自家製ぎょうざ200円
イカ串焼190円
梅干し100円
らっきょう100円

【やきとり・とん】
ぶたバラ100円
かしら100円
レバー・皮80円
もも・ねぎま80円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。